エクセルマクロをリボンに登録する方法!【マクロ自動化】

マクロをリボンに登録する Excel

個人用マクロブックに保存した自作のマクロは、エクセルのリボンに登録しておくと必要なときに簡単に呼び出せるので便利です。

今回の記事では前回前々回紹介したマクロを組み合わせて、エクセルシートの体裁を整えるマクロを作成し、そのマクロをリボンに登録して、いつでも呼び出せるようにするまでの手順を説明します。

Sponsored Link

シートの体裁を整えるマクロ

カーソルを左上に移動するマクロと、ズーム倍率を100%に変更するマクロを組み合わせて、エクセルファイルの全てのシートの体裁を整えるマクロを作成します。

マクロをリボンに登録する

実際のコードは以下のようになります。
※13行目に表示形式を標準に設定する処理も追加しています。

ActiveWindowのプロパティを変更する処理が4つあるので、With~End Withで括っています。こうすることでコードが見やすくなるうえ、マクロの処理速度もほんの少しですが向上します。

Sub DocFinish()
    Dim wb As Workbook
    '現在選択されているブックを変数に格納
    Set wb = ActiveWorkbook
    
    Dim ws As Worksheet
    'ブックの中のシートを1枚ずつループ
    For Each ws In wb.Worksheets
        '処理対象のシートを有効にする
        ws.Activate
        With ActiveWindow
            '表示形式を標準にする
            .View = xlNormalView
            '倍率を100%に設定
            .Zoom = 100
            '画面左上にスクロールする
            .ScrollRow = 1
            .ScrollColumn = 1
        End With
        '"A1"セルを選択
        Range("A1").Select
    Next ws
    
    wb.Worksheets(1).Activate
    Set wb = Nothing
End Sub
Sponsored Link

リボンに自作マクロ用のタブを追加する

続いて、このマクロを呼び出すためのボタン(アイコン)をリボンに追加するのですが、エクセルの初期状態ではユーザーが設定変更可能(アイコンを追加できる)なタブが設定されていません。

最初に「自作マクロ用のタブ」を追加します。

  1. Excelのオプション(リボンのユーザー設定)を表示するマクロをリボンに登録する
  2. 新しいタブを追加するマクロをリボンに登録する
  3. 新しいタブに名前をつける

マクロをリボンに登録する

Sponsored Link

タブにマクロのアイコンを追加する

自作マクロ専用のタブが用意できたので、ここにマクロを登録します。

設定するまでの手数が多いですが、図を参照して設定してください。

  1. 新しいグループに自作マクロを追加する。マクロをリボンに登録する
  2. 新しいグループの名前を変更するマクロをリボンに登録する
  3. マクロの名前とアイコン画像を変更する

マクロをリボンに登録する

マクロをリボンに登録する
以上の手順で、自作のマクロをリボンに追加することができます。

それでは、今回はこのへんで。

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました