エクセルで個人用マクロブックを作成する方法!【マクロ自動化】

個人用マクロブック Excel

このサイトで紹介しているようなエクセルの小技をまとめたマクロは、特定のエクセルファイルではなく、多くのエクセルファイルに対して実行できるように、コードを「個人用マクロブック」に保存すると便利です。

ですが、「個人用マクロブック」はエクセルが初期状態のままだと存在しません。

次の手順で「個人用マクロブック」を作成しましょう。
個人用マクロブック

Sponsored Link

個人用マクロブックを作成する。

開発タブにある「マクロの記録」をクリックし、「マクロの記録ダイアログ」を表示します。

マクロ名の欄に適当な名前を入力したら、マクロの保存先に「個人用マクロブック」を選択して「OK」ボタンをクリックします。

個人用マクロブック

 

この時点で個人用マクロブックが作成され、マクロ記録の待機状態になります。

今回は、マクロを記録する必要はないので、すぐに「記録終了」をクリックします。

 

個人用マクロブック

Sponsored Link

個人用マクロブックの編集

作成した個人用マクロブックを編集するには、VBAの編集画面(VBE:Visual Basic Editor)を起動する必要があります。

VBEを起動するには、開発タブの「Visual Basic」アイコンをクリックするか、[Alt] + [F11]を押します。

個人用マクロブック

 

ツリー上に個人用マクロブックの本体である「PERSONAL.XLSB」が表示されていて、先程の手順で入力したマクロ名(SmartMacro)が関数として定義されているのが確認できます。

確認が終わったら、ファイルを保存して、一旦Excelを閉じます。

すると、次のようなメッセージが表示されるので、「保存」を押して閉じます。

個人用マクロブック

PERSONAL.XLSBファイルは、これ以降Excelが起動されるたびに自動的に起動するようになります。このファイルにマクロ(VBAのコード)を記述していくことで、他のエクセルファイルに対してもマクロを実行することができるわけです。

Sponsored Link

個人用マクロブックを表示する

次の操作をするを分かるとおり、個人用マクロブックは非表示に設定されています。

個人用マクロブック

 

個人用マクロブックを編集したい場合は、表示タブの再表示をクリックし、「ウィンドウの再表示ダイアログ」で、PERSONAL.XLSBが選択されていることを確認し、OKをクリックします。

個人用マクロブック

 

前述したように、このPERSONAL.XLSBファイルはエクセルが起動するときに自動的に起動(表示)されるので、ファイルの編集が済んだら、表示しないように設定しておくことをオススメします。

個人用マクロブック

 

それでは、今回はこのへんで。

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました