JR西日本のCM曲!「私からあなたへ~」を歌っているのは誰?

卒業式 音楽

季節の流れは早いもので、新型のコロナに怯えながら日々をやり過ごしていたら、3月になってしまいました。

先週末、突然トイレットペーパーが店頭から消えてしまい急に訪れたペーパーレス社会に、普通に在庫が切れかけていた我が家は大ピンチです!!!(残り2ロール)

トイレットペーパー

そんな慌ただしい年度末の2月に入ってから、度々テレビのCMで「私からあなたへ~♪この歌を~届けよう~~♫」というどこか懐かしい聞き慣れた曲を耳にするようになりました。

Sponsored Link

財津和夫さんのヒット曲

JRのCMと言えば、度々印象に残る曲を採用することで有名ですが、この曲は財津和夫さんが作詞・作曲した「切手のないおくりもの」というタイトルで、1977年にNHKの音楽番組『歌はともだち』で発表されました。

小学校や中学校の卒業式で歌う定番曲にもなっているので。タイトルは知らなくとも、歌は歌える人も多いことでしょう。

卒業式

実はこの曲、曲中に「切手のないおくりもの」というフレーズが一度も出てこないので、この曲のタイトルを「私からあなたへ」だと勘違いしている人も多いのではないでしょうか?

また、発売当初から様々なアーティストの方々が歌い継いできた名曲ですので、聞く人の世代によって、「誰の歌だ!」という印象は変わってくると思います。

私の場合は、子供の頃に「ひとつ屋根の下」というドラマが流行っており、その番組のテーマソングが「サボテンの花」だったので、チューリップや財津和夫さんを特集する番組も多く放送されていて、その中で耳にした記憶があります。

最近ではWANIMAが元気なロックアレンジで、少し前には平井堅さんがJazzアレンジでカバーしています。アレンジが変わっても原曲や歌詞のもつ「親しい人との別れを惜しむ」雰囲気が伝わってきて、少し寂しい気持ちになりますね。

Sponsored Link

JR西日本のCM曲を歌っているのは?

さて、今年の2月から放送されているJR西日本のCMでは、「切手のないおくりもの」を大阪府枚方市出身のシンガーソングライターの大柴広己さんが歌っています。

大柴広己

CMでは、ファッションモデルで女優の久間田琳加(くまだりんか)さんが演じる「新天地へ向けて一歩を踏み出す女性」の姿と相まって、どこか遠くの故郷からエールを送っているような、応援歌のように聞こえますね。

ページが見つかりません:JR西日本
JR西日本ホームページ

3月は本来であれば「卒業式シーズン」。いわゆる『出会いと別れの季節!』な訳ですが、今年は新型コロナの影響で状況が一変し、日本中の学校の殆どが休校となってしまいました。

もしかしたら今年もどこかの学校の卒業生が、卒業式や謝恩会に向けて「切手のないおくりもの」を練習していたんじゃないかなぁ~?と思うと、その晴れの舞台を突然奪われてしまった悲しみは如何ばかりかと…考えてしまいます。

卒業式

無観客の卒業式なんて寂しすぎますしね。。。

Sponsored Link

CDの発売予定はあるのか…?

音楽を聴くのはCDがメインだった世代にとっては、ぜひCD化してもらいたいところですが、今のところCD化の予定はないようです。JRのCMでは冒頭ワンフレーズの約30秒しか聴けません、、、残念。

それでも、フルバージョンを聴いてみたい!としつこくネットの海を彷徨っていたところ、ご本人のYouTubeにフルバージョンがアップされていました。ありがたや~(嬉)

財津和夫「切手のないおくりもの」

普通にツイッターもやっておられたっ!!

イベント事が普通に楽しめる日常が、早く戻ってきますように!!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました